カール フリードリヒ ガウス

フリードリヒ

Add: akevi8 - Date: 2020-12-14 14:43:53 - Views: 7837 - Clicks: 6524

神は計算をされている。 数学は科学の女王であり、数論は数学の女王である。 Die Mathematik ist die Königin der Wissenschaften und die Zahlentheorie ist die Königin der Mathematik. See full list on analytics-notty. カール・フリードリヒ・ガウス - Wikipedia 39 users ja.

超天才カール•フリードリヒ•ガウス、その3〜天文学者としての偉業と悲しい別れと〜 年02月19日 07時40分06秒 | 数学のお話 前回の ”その2” では ガウスの数論 と 合同算術 、それに 平方剰余 について述べましたが、やはり代数系はホント難しいですね。. ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス Johann Carl Friedrich Gauss; 1777年4月30日 – 1855年2月23日: ドイツの数学者、天文学者、物理学者; 近代数学のほとんどの分野に影響を与えたと考えられている。. See full list on dic.

ドイツの数学者、天文学者、物理学者であるカール・フリードリヒ・ガウスは、「数学者の王子」と「歴史上最高の数学者」と呼ばれています。 彼は、現代の数学や科学など多くの分野に著しい影響を与えていることから、歴史上最も影響力のある数学者の一人として位置づけられています。 ガウスは幼少期から天才と呼ばれていました。 彼は非常に早くから数学の才能を発揮し、十代の頃に数学の分野で重大な発見をしますが、もっと幼いころから多くの逸話を残しています。 例えば、彼がちょうど3歳になった頃に、父親の給料の計算の誤りを指摘したと言われています。 5歳になった時には、父親の代わりに口座を定期的にチェックしていました。. ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス(Johann Carl Friedrich Gauss (Gauß)、1777年 4月30日 - 1855年 2月23日)はドイツの数学者、天文学者、物理学者である。彼の研究は広範囲におよんでおり、特に近代数学のほとんどの分野に影響を与えたと考えられている。. 1799年。 領主フェルディナントを通し、ヘルムシュテット大学に、ガウスは「一変数の有理整関数はすべて、一次と二次の実因数に分解することができるという、新しい定理の証明」という論文を提出した。 これは、後には『代数学の基本定理(Basic theorems of algebra)』と呼ばれるようになった「代数方程式は必ず解ける」ということを証明した論文である。 ガウス以前は、ある方程式の問題が与えられたとき、それが解けるかどうかというものを考える人はほとんどいなかった。 解けるかどうかわからないけど、とにかくいろいろやってみて、なんとか解くというふうな方法が当たり前のようにとられていた。 方程式に答えがあるということは、例えば「物には全て色がある」というようなことと同じくらいに、当たり前のことであった。 ガウスは、そうではなくて、数学という学問を厳密たらしめるためには、それを証明しなければならないと考えたわけだ。 「複素数とは何か」虚数はどれほど実在してないか。実数は本当にリアルか.

カール・フリードリヒ・ガウスの記事へ戻る « 前へ次へ » キーワード「カール・フリードリヒ・ガウス」でニコニコ動画を検索. カール・フリードリヒ・ガウス(Gauss,Carl Friedrich)(1777~1855) 数学者 (「数学の王者」) ブラウンシュヴァイクの煉瓦職人の子に生まれました。彼は、終生この地方の訛りがぬけなかったといいます。. カール フリードリヒ ガウス ガウスについては知らない人が多い。 アルキメデスやニュートンと比較すると知らない人が多いのではないだろうか? カールフリードリヒガウスの業績. カール・フリードリヒ・ガウスの名言・格言 gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。 保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。.

数学史上の偉大な名著とされ、ガウスの最高傑作ともされる「数論の研究」は、ガウスの最初の本でもある。 冒頭には、この本の目的について、「数学のうちの整数と分数に関するもの」と書いている。 全部で七節に分かれている本だが、実は第八節があったようである。 残念ながら印刷費節約のために省かれてしまったそうだ。 カール フリードリヒ ガウス 主に『合同式(congruence)』、『平方剰余(へいほうじょうよ)(quadratic residue)』、「作図可能な正多角形」についてなどを論じているという。. 全パラメータがカンストで何でもできた。 以上である。 超絶レベルの計算能力、精緻極まる論理性、自由で豊かな発想力を全て兼備。歩く数学百科で知らないことは何もなく、純粋数学、応用数学を問わず全域で超性能を発揮した。『整数論』によって数学そのものの革命も起こしている。ほとんど「ぼくの かんがえた さいきょう すうがくしゃ」状態だが、実際にそういう人だったので仕方ない。 加えて、物理学や天文学でもその才を発揮している。その業績は他の研究者と並べても、全く見劣りするものではない。 従って「ガウス最強説」の論拠は簡単である。これ以上は物理的に無理。. 言葉を覚えるより前に計算を始め、5,6歳で父親を凌駕。15歳にして素数定理を予想し、18歳の時には既に当代最強になっていた。その後はヨーロッパ数学界のドンとして君臨し、ほぼ無敵のまま生涯を終える。 主要業績は.

ガウスはドイツのブラウンシュヴァイク出身。 1777年4月30日の生まれ。 父はレンガ職人で、本人も幼い頃は、将来は父の職業を継ぐのだろうと考えていた。 後年にガウスは、「父とはいい思い出がない」というようなことを言っているらしいし、彼の父は、才能ある息子の人生を潰そうとした無能な人物というように評価されることも多い(注釈1)。. ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス( ɡ aʊ s; ドイツ語: Johann Carl Friedrich Gauß listen ヘルプ / ファイル 、ラテン語:. ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス(1777~1855)は、 人類の歴史上、最も偉大な数学者の一人であると言われている。 ある時、自身も大数学者であるラプラスは、「ドイツで最も優れた数学者は誰か?」と聞かれ、ひどく悩んだ。 「ガウスでは?」とさらに聞いてきた質問者に、彼は即座に答えたという。 「世界で一番優れた数学者というのなら、彼で間違いない」 そのような数学の大家中の大家であるガウスだが、実は幼少時代はレンガ職人を目指していたという。 両親も最初はギムナジウム(中等教育機関。今で言うと中学校)に進学させる気すらなかった。 大学入学を勧められた時も、そのための金がなかった。. カール・フリードリヒ・ガウスにちなんで名づけられたものの一覧 - Wikipedia. ヨハン・カール・フリードリッヒ・ガウス (1777年4月30日~1855年2月23日). More カール カール フリードリヒ ガウス フリードリヒ ガウス videos. See full list on gamethankyou.

ガウスは1805年に結婚、その結婚生活は非常に幸せなものだったようだが、三人目の子供を産んだ時に妻ヨハンナは亡くなってしまう。 子供達への愛情と研究への情熱を秤にかけてしまった彼は、妻が死んでからわずか半年ほどで、再婚という妥協をすることになった。 この第二の結婚はあまり幸せではなかったともされているが、一応この後妻との間にも、何人か子供が生まれている。. ボヤイ曰く。 ガウスは、何か考え始めると、もはや誰が何を尋ねても一切喋らなくなり、ひたすら集中した。 また、彼は自分の考えていることに関して、あまり人に喋ろうとしなかった。 ただし彼にも機嫌がいい時、悪い時があるようだった。 ある時のこと。 ボヤイが彼の部屋に入ると、いきなり楽しそうに正十七角形に関して計算したノートを見せてきたのだという。 それほどにご機嫌だったのは、多分それ一回だけだったと思うとも、ボヤイは述べている。 またある時、ガウスは自宅にボヤイを招いてくれた。 その時にガウスの母が、息子のいない時を見計らって聞いてきたそうだ。 「あの子は見込みがあるでしょうか?」 もちろんボヤイは即座に答えた。 「あいつは間違いなく、ヨーロッパで一番の大学者になりますよ」 彼女はそれを聞いて涙を見せたという。. ∂カール・フリードリヒ・ガウス; Christian Albrecht Jensen による肖像画. ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウスは、19世紀最大の数学者といわれているドイツの数学者です。 数学だけでなく、物理学・天文学にも長けており、幅広い分野で活躍している人です。.

ガウスの生い立ち(1777-1855)新たな年にあたり、数学史上もっとも知られている数学者の一人であるドイツの数学者ガウスについて書いてみましょう。ガウスは、アルキメデス、ニュートンと並び有史来最高の数学者と言われています。1777年ドイツのブラウンシュワイクに生まれています. カール・フリードリヒ・ガウス Disquisitiones Arithmeticae のタイトルページ ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス(; Johann Carl Friedrich Gauß, Carolus Fridericus Gauss, 1777年4月30日 - 1855年2月23日)は、ドイツの数学者、天文学者、物理学者である。�. 狭くとも深くあれ。 Pauca sed matura. そして、ガウスの逸話の中でもっとも有名なのが、7歳のときに算数で小学校の教師を驚かせたことです。 算数の教師は小学校のクラスの生徒に、 「1から100までの整数をすべて足しなさい」 といいました。 その教師は、この計算が終わるのは一番早い生徒でも10分以上かかるだろうと予想していました。 しかし、ガウスはこの問題を、一瞬で解いてしまったのです。 その方法は、以下のようなものでした。&92;&92;cdots= を計算するに、まず1と100を足します。すると、 1+100=101 です。 続いて、2と99を足します。 2+99=101 さらに、 3と98を足すと、 3+98=101 ですね。 その後も同じように、計算を続けていきます。 &92;&92;beginalign 1+100=101 &92;&92;&92;&92; 2+99=101 &92;&92;&92;&92; 3+98=101 &92;&92;&92;&92; &92;&92;cdots &92;&92;&92;&92; 99+2=101 &92;&92;&92;&92; 100+1=101 &92;&92;endalign このように、1から100までの数を外側から順に足していったのです。 足す数は100の半分の50ということが分かるので、101を50回足すということは、 101 &92;&92;times 50 = 5050 です。 当時のガウス少年には、この掛け算を暗算することはたやすいことだったでしょう。 わずか7歳でこのような計算方法を一瞬で思いつき、瞬時に答えを導いたガウスはやはり天才としかいいようがありませんね。. 主な業績 (Wikipedia より) 1792年 - 素数定理 の成立を予想; 1795年 - 最小二乗法 発見; 1796年 - 平方剰余の相互法則 の証明。. ガウスの興味は数学以外にも、天文学や物理学など多岐に及んだそうだが、そのいずれの分野においても、彼は大きな貢献をしているという。 その功績はあまりに多いが、彼の生前には発表されていなかったものも多い。 しかし彼は、日記などに自分の発見を書き残してくれてはいたから、後からいろいろと判明してきたわけである。 ただし、発見に至る過程はあまり記録されていないために、いろいろ議論を呼んでいる。 晩年のガウスは、天文台で泊まることが毎日のようだった。 彼はその最後の数年間、望遠鏡を覗いては、まだ発見されて間もなかった海王星を探したという。 「太陽と太陽系の惑星」特徴。現象。地球との関わり。生命体の可能性. ガウスは信心深く、保守的な人物だった。君主制を支持し、フランス革命の際にはナポレオンと対立した。彼は他の数学者と一緒に何かをすることは殆どなく、あまり人と打ち解けることのない厳粛な人だったと多くの人が伝えている。 私生活では、最愛の妻、ヨハンナ・オストホフ(Johanna Osthoff, 1780年 – 1809年)が若くして亡くなり、さらにそれを追うように次男ルイスも夭逝するなど、暗い出来事が続いた。特に彼はヨハンナを精神的な意味も込めて溺愛しており、彼女の死は彼の精神に大きなショックを与え、以後完全に回復することはなかった。ルイスの死後すぐに、フリーデリカ・ヴィルヘルミーネ・ヴァルトエック(Friederica Wilhelmine Waldeck, 愛称ミンナ:Minna)と再婚したものの、この結婚から得られた幸せは希薄なものだったようである。ガウスはヨハンナの面影が忘れられず、再婚相手のミンナへの手紙にもそのことを書く始末であった。ミンナも1831年に長い病気の末に亡くなり、その後は娘のテレーズ (Therese) が身の回りの世話をしていた。また、ガウスは母親とも1812年から彼女の亡くなる1839年まで一緒に住んでいた。 子供は2人の妻に3人ずつ、合計6人もうけた。ヨハンナとの間の子供は、ヨゼフ(Joseph, 1806年 – 1873年)、ヴィルヘルミーナ(Wilhelmina, 愛称はやはりミン, 1808年 – 1846年)、ルイス(Louis, 1809年 – 1810年)である。なかでもヴィルヘルミーナの才能はガウスに近いものがあったと言われているが、彼女も若くして亡くなってしまう。ミンナ・ヴァルトエックとの間の子供はオイゲネ(Eugene, 1811年 – 1896年)、ヴィルヘルム(Wilhelm, 1813年 – 1879年)、テレーズ(Therese, 1816年 – 1864年)がいる。オイゲネは1832年頃父の元を離れてアメリカ合衆国ミズーリ州のセント・チャールズに移住した。しばらく後にヴィルヘルムもミズーリ州に渡り、農業を始め、後にセントルイスで靴のビジネスで成功した。テレーズは結婚した後もガウスの面倒を見て家に留まった。. 0ドイツの数学者ドイツの物理学者.

歴史上の天才という人物は数いれど、彼ほど早熟な人物は珍しい。 カール フリードリヒ ガウス ガウスの優れた記憶力と高い暗算能力は、 生まれつきのものだと言う人さえもいる(コラム1)。 これはさすがに、ありえないだろうと考えている人も多いが、ガウスがまだ三歳にもならない頃のこと。 土曜日のある日に、彼の父ゲアハルトは、自分が監督している労働者たちの、週の給料を計算した。 隣には幼いガウスがいて、父が計算を終えるや、その答えを見て言った。 「お父ちゃん、間違ってるよ。本当はこうだよ」 ゲアハルトは驚きつつも再計算してみたが、正しかったのは息子の方だった。. See full list on diamond7. . ドイツが生んだ偉大な数学者、 ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス。 人類史上最強の数学者とされる彼の功績は、近代以降の数学でほぼすべての分野に影響を与えているとも言われています。 カール フリードリヒ ガウス ガウスとは一体どのような人物だったのでしょうか。 今回はその生涯について、功績と共に. ガウスの通った小学校には、ビュットナーという教師がいて、わりとすぐに暴力に訴える、危ない人だったという話もある。 だが彼は、ガウスに対してはよき先生になったそうだ。 10歳になって、ガウスが算術のクラスに入って間もなく。 諸説あるが、ビュットナーは、 生徒たちに少々意地悪な長ったらしい計算問題を出した。 一般的には「1+2+3+4.

生涯彼の弟子であった G・ワルドー・ダニングトン はガウスの伝記 『カール・フリードリヒ・ガウス: 科学の巨人』 など、多くの著作を残した。. 数学の帝王:カール・フリードリヒ・ガウス 20世紀最大の物理学者:アルベルト・アインシュタイン. · カール・フリードリヒ・ガウス - Wikipedia. More カール フリードリヒ ガウス images. +99+100」という問題だったとされているが、とりあえずガウスはその問題を数秒で解いてしまったらしい。 「数列の基礎」和の公式。極限と無限。単純な増加、減少 ビュットナーは、彼の才能に驚嘆し、自費で数学の本一冊買い与えたとも言われる。 しかしガウスはその本も、すぐさま読破してしまい、ビュットナーは呟いたという。 「俺なんかじゃ、こいつにはもう何も教えられない」.

Amazonでカール・フリードリヒ ガウス, Gauss, Carolo Friderico, 正仁, 高瀬のガウス 整数論 (数学史叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。カール・フリードリヒ ガウス, Gauss, Carolo Friderico, 正仁, カール フリードリヒ ガウス 高瀬作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 当時の数学のほぼ全分野。他の数学者全員が得た大半の事実は、ガウス一人が独自に、しかも数年から数十年早く発見している。まさしくチート中のチート数学者である。 カール フリードリヒ ガウス もっとも、生前はそれらをほとんど公にせず、手紙で知人に伝えたり、日記に発見を書き残したものが多くを占める。言わば数学は趣味。何か新発見を聞く度に「それなら私が昔やった(キリッ」としか言わなかった為、まじめなルジャンドルなどは「ガウスは天才を笠に着て全部自分の手柄みたいにいうヤツだ」と思ってたようである。 またあるときは、ゼーバーという学者がある数学の問題を証明しようと発表した248ページから成る論文(がんばったのだろうが途中までしか証明できず結局未完成のまま発表した)を書評で取り上げ「頑張りは認めるけど、論文の内容は数語にまとめられる(なげーよw)」「それらの重要な部分は30年前に私がやった(キリッ 」「この書評のなかで彼の説を完成させることに貢献する(俺が本気出せばこんなもんヨユー)」と知らない人が読めば、中二病患者か名人様かと思うようなことを書いた後、たった1ページ半 40行ほどの計算をしただけできれいに証明を完成させてしてしまった。 ガウスからすれば、頑張って長い論文を書いた無名の学者に助け舟をだしてやった(キリッ、ぐらいの気持ちだったのかもしれない。しかしゼーバーからすると、いきなり出現した巨大戦艦から完璧な精度で大砲を撃ち込まれ、一撃で粉微塵になって死んだような気分になったのではないだろうか。皮肉なことに彼は自身の業績ではなく、この出来事のせいで”天才ガウスのかませ犬”として有名になってしまった。 ガウスの死後40年ほどして遺稿が整理されると. 昔々あるところに、カール・フリードリヒ・ガウスという名前の青年がいました。 ある朝のことです。 目を覚ましたガウスは、あることに気付きました。 「正17角形は定規とコンパスで作図可能である」. ガウス,ヨハン・カール・フリードリヒ 1777‐1855年。�. 生誕: カール フリードリヒ ガウス 1777年 4月30日 神聖ローマ帝国、 ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯領、ブラウンシュヴァイク: 死没: 1855年 2月23日(77歳) ハノーファー王国、ゲッティンゲン: 居住 カール・フリードリヒ・ガウス, by Wikipedia curid=4742 / CC BY SA 3.

カール・フリードリヒ・ガウス 脚注 編集 ^ a b c 森正武 :「数値解析」(第2版)、 共立出版 (共立数学講座)、 ISBN(年2月1日)。. あのナポレオンをして、”ここには世界一の数学者がいる。この屋敷を燃やすのは止めだ”と、言わしめた”数学の巨人”カール•フリードリヒ•ガウス(1777−1855)のお話です。人類史上の大数学者としてまず最初に挙がるのが、オイラー(1707−1783)とガウス(1777−1855)の2人だ。しかし、そういう. · ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス(1777年~1855年) ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウスはドイツの数学者、天文学者、物理学者です。 代数学の基本定理など、非常に多くの功績を残したことで知られています。 和の計算 ガウスが小学生の頃、学校で教師が1から100までの自然.

org コメントを保存する前に 禁止事項と各種制限措置について をご確認ください. 狭くとも、深くあれ。 ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス(Johann Carl Friedrich Gauss) (ドイツの数学者、天文学者、物理学者。1777〜1855). ガウスは奨学金を得て大学に進み、数々の重要な発見を行った。彼は、古代ギリシアの数学者達に起源を持つ定規とコンパスによる正多角形の作図問題に正確な必要十分条件を与え、正17角形が作図できることを発見した(1796年3月30日)。作図できる正素数角形は古来から知られていた正三角形と正五角形のみだと考えられていたのでこの発見は当時の数学界に衝撃を与えた。作図できる正多角形の種類が増えたのは約二千年ぶりのことであった。彼はこの結果を非常に喜び、この成果である正17角形を墓標に刻むように申し入れた(結局、これは実現されなかったが、彼の記念碑には正17角形が刻まれている)。また、この発見の日より、数学的発見を記述したガウス日記を付け始め、また自分の将来の進路を数学者とすることに決めたといわれる。学位論文で彼は代数学の基本定理を最初に証明した。後に彼はこの問題に対して3つの異なる証明を行い、複素数の重要性を決定付けた。 ガウスの最も偉大な貢献は数論の分野である。この分野だけが、その全貌ではないにしろガウスの研究が体系的にまとめられて出版された。それが1801年に発表した Disquisitiones Arithmeticae であり、そのほとんどのページが二、三元の二次形式の研究に当てられている。この本は、数の合同の記号を導入し合同算術の明確な表現を与え、平方剰余の相互法則の初の完全な証明などが与えられている。自然数の素数による一意分解の定理が明確に言明され、証明されたのもこの本が最初であった。また今日でいうところの円分体の理論が記述されているほか、素数定理に対する予想が述べられている。しかしこの本は、あまりにも時代を抜きん出た難解な著作であり、その上出版社の問題から発行部数が相当低かったこともあって、実際には当時理解できるものは限られていた。結局それがようやく大勢に理解されるようになるのは、それを詳しく解読し講義したディリクレの時代になってからである。 ガウスは発表はしなかったが、解析学の分野でも時代を先んじた研究を行っていた。当時はまだ複素数が完全なる市民権を得ておらず、できれば使用を避けたいという風潮のあった時代であった。そのため、ガウスは代数学の基本定理を証明した学位論文では誤解を避けるために虚数を表に出さず、多項式が実数の範囲内で1次または2次の因数に分解されると. ガウスは1795年10月に、ゲッチンゲン大学に入学した。 ブラウンシュヴァイクの我が家からは、100km以上の距離があったそうだが、彼は帰省(きせい)時などには、その長い距離を歩くのを好んだようだ。 たぶん歩くのが好きだったというよりは、考え事をしながら歩くのがよかったのではないだろうか。 カール フリードリヒ ガウス そういう人結構いるだろう ガウスは数学以外に、言語にも強い興味を持ち、熱心に勉強した(注釈2)。 授業時間以外でも図書館でひたすら読書にふけっていて、友人はそんなにいなかったとされる。 しかし彼は完全な孤独だったわけではない。 彼にはヴォルフガング・ボヤイという親友がいた。. カール・フリードリヒ・ガウス カール・フリードリヒ・ガウスの概要 ナビゲーションに移動検索に移動カール・フリードリヒ・ガウスChristian Albrecht Jensen による肖像画生誕年4月30日 神聖ローマ帝国、ブラウン.

ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス (ラテン語: Carolus Fridericus Gauss) 1777年4月30日 - 1855年2月23日)はドイツの数学者、天文学者、物理学者である。彼の研究は広範囲におよんでおり、特に近代数学のほとんどの分野に影響を与えたと考えられている。数学の各分野、さらには電磁気など物理. ガウスが生まれた家庭は貧しく、貴族階級とは程遠い労働階級でしたが、ガウスのスバ抜けた知的能力が、ブランズウィック公爵の目にとまります。 ブランズウィック公爵は彼の才能を認め、15歳のガウスをブラウンシュヴァイク工科大学に入学させました。 そして、その後も1795年から1798年にかけて有名なゲッティンゲン大学に通わせてくれます。 ガウスはこの時代にいくつかの重要な定理を発見しています。. カール フリードリヒ ガウス まあ出るわ出るわ。生前からガウスは「何か隠してる」とウワサになっていたのだが、予想を遙かに凌駕する内容に数学者達は度肝を抜かれたのであった。ガウスは絶対にハッタリを言わぬ人であったッッ。 ある調査によれば、ガウスがもしコンスタントに業績を発表していた場合、大体50年数学を進めていたとされている。まさに事実は小説よりも奇なり。こんなキャラをフィクショ. ガウスはゲッティンゲンで1855年に亡くなり、Albanifriedhofの墓所に埋葬された。1989年から年にユーロ紙幣となるまで、彼の肖像と正規分布曲線が10マルク紙幣に印刷されていた。 生涯彼の弟子であったG・ワルドー・ダニングトンはガウスの伝記 『カール・フリードリヒ・ガウス: 科学の巨人』 など、多くの著作を残した。. ガウス素数定理を発見; 正十七角形の作図法; ガウス平面; ガウスの.

カール・フリードリヒ・ガウス をご存知でしょうか。 年4月30日、カール・フリードリヒ・ガウスの生誕241を記念して、. .

カール フリードリヒ ガウス

email: [email protected] - phone:(476) 293-9968 x 5860

鼻 ほじる 癖 - Mgirl

-> Ol 37
-> 連行 英語

カール フリードリヒ ガウス -


Sitemap 3

千野 志麻 インスタ - ダイアモンド