東條 英機 評価

Add: ahyvylu18 - Date: 2020-11-24 18:06:49 - Views: 7337 - Clicks: 4635
/28 /24214/65 /53315/93 /59f6e69f0e371d

^ 『東條英機と天皇の時代』ちくま文庫版590頁 ^ 牛村圭『「戦争責任」論の真実』66頁 ^ 「表情にあきらめ やせても小まめな東條」『朝日新聞』昭和22年8月5日,4面 ^ 『「戦争責任」論の真実』52頁、74-75頁 ^ 『東條英機と天皇の時代』(ちくま文庫 614ページ). See full list on dic. 東條英機は、日米戦をはじめ、敗戦し、日本を史上最悪の状態に落とし込んだ人間である。 国力差が1:20とも言われているのに、日米戦を決意した史上最悪の総理大臣だろう。. 前半は東條英機 参照 評価 大東亜戦争(太平洋戦争)開戦時の総理大臣でもあり、昭和初期の歴史を考える上でそれなりの批判は避けて通れないことも事実である。 第二次世界大戦期における最重要人物の一人という. 東條英機の評価は、好感がたかいようにおもえます。戦争を、回避しようとしていたとかいろいろいわれます。 私は、どのへんが回避しようとしていたのかわかりません。しればしるほど主戦論者だとおもうのですが、東條は評価できるというかたは、どのあたりがいいとおもうのですか?. 東条は父の期待を背負い、陸軍幼年学校から陸軍士官学校という軍人としてのエリートコースを進み、順調に陸軍中尉にまで昇進する。しかしエリートから更なる選抜を行う、陸軍大学校(陸大)の試験には落ちてしまう(因みに英教はこの陸大を首席卒業した事で「秀才」と呼ばれていた)。父や本人の落胆は大きかったが、諦めずに挑戦して最終的には合格、父は息子の陸大入学を見届けた翌年に死去している。 陸大卒業後、駐在武官の任務を受けてスイスやドイツなどへの赴任をこなしつつ、陸軍少佐に昇進。佐官時代には父と同じ陸大教官を勤めた他、陸軍省や参謀本部の役職も歴任している。部隊指揮官としても陸軍大佐の時に歩兵連隊長を務めているが、基本的には軍官僚型の出世であった。 軍内の派閥では対外強硬派に属し、積極的な領土拡大による富国強兵を志向していた。その為、当初は同じ強硬派の石原莞爾、板垣征四郎とも協調関係にあった。しかし次第に独特の軍事理論や政治思想に基いた戦争計画を練る石原と、あくまで常識人の東条とでは意見が相容れなくなり、敵対関係へと転じる事となる。1933年、陸軍少将に昇進。. 小磯国昭は東條の後釜だが予備役となって長く首相の時には完全に陸軍を統制できなくなっていた。 林 銑十郎は永田 鉄山と組んで陸軍大臣やってた頃はそれなりに評価されていたが永田の死後はダメダメ。 結論として梅津を除けばトップといっていい。. 東条が歴史の表舞台に出てくるのは関東軍憲兵隊長として満州に派遣されてからとなる。当時、軍内の青年将校を中心に急進的な改革思想(国家革新、昭和維新)が広まっており、満州ではソ連を通じてその理論と近接していた社会主義思想も支持を広げていた。 東条はその対処に辣腕を振るい、続いて本国で二・二六事件が起きると同様に呼応しようとした勢力を粛清する功績を残し、陸軍中将・関東軍参謀長に昇進する。 そして関東軍参謀長となるや、開戦した日中戦争で察哈爾派遣兵団(東条兵団)を編成して攻勢を開始する。作戦自体は東条の積極策もあって大きな勝利を挙げる。東条からすれば消極策で左遷された父の汚名を雪ぐ想いもあったと想われるが、同時に物資欠乏などの問題も引き起こされており、必ずしも功績ばかりではなかった。 また同兵団は軍の合理化に理解の乏しかった旧陸軍内では例外的に機械化歩兵を多数加えていたが、東条本人も新戦術を軽視する傾向に倣っていたため、活躍の機会は得られなかった。この点でも満州事変で板垣征四郎と共に関東軍を率いて電撃戦を採用した石原莞爾から「自論がない」と軽蔑される理由になった。 東條 英機 評価 ともあれ軍功を挙げて本国に戻り、陸軍大臣になっていた板垣征四郎から陸軍次官に指名される。.

徳富蘇峰は「何故に日本は破れたるか」という考察の一端で、自らも良く知っていた日露戦争当時の日本の上層部とこの戦争時の上層部と比較し「人物の欠乏」を挙げて、「舞台はむしろ戦争にかけて、十倍も大きくなっていたが、役者はそれに反して、前の役者の十分の一と言いたいが、実は百分の一にも足りない 」とした上で、首相を務めた東條、小磯、鈴木について「彼らは負け相撲であったから、凡有る悪評を受けているが、悪人でもなければ、莫迦でもない。立派な一人前の男である。ただその荷が、仕事に勝ち過ぎたのである。(中略)その荷物は尋常一様の荷物ではなかった。相当の名馬でも、とてもその任に堪えぬ程の、重荷であった。況や当たり前の馬に於てをやだ。」と評し、東條が日露戦争時の一軍の総帥であったならそれなりの働きをしたであろうに、「咀嚼ができないほどの、大物」があてがわれてこれをどうにもできなかったことを「国家に取ては勿論、当人に取ても、笑止千万の事」と断じている。. 東條英機 「独裁者」を演じた男 (文春新書) 著者 一ノ瀬俊也 (著) 1930年代以降、航空戦と総力戦を重視した東條英機。「冷酷無比な独裁者」「天皇を守った忠臣」など、さまざまな評価がある生涯を「総力戦指導者」として再検証。 See full list on weblio. 。それ以前の陸軍大臣やお偉いさんが作り始めたのですが、文章を作るのに時間がかかりすぎて、完成・発表したのが東條の大臣時代のことだったというタイムラグがあります。 現代でも、法律の作成と公布のタイムラグのせいでお偉いさんの評価がズレる、というのはよくある話ですね。 他の記事でも度々書いていますが、何でこういう悪いところばかり何十年も変わらないのか(´・ω・) これまた現代でも同じ話ですが、戦時下において一般市民の尊厳を守るための自決というのは、悪すぎる話でもありません。 敗戦前後のベルリンや、満州・朝鮮・樺太に移住していた日本人の記録を見ると、本当に「死んだほうがマシ」としか言いようのないことをされてしまった人もたくさんいたからです。それを乗り越えても、ショックのあまり自ら死を選んだ人が少なくありません。 目を背けてはならない事実とはいえ、あまりにも悲惨なのでここで詳細を述べることは控えます。覚悟ができた方は、ぜひご自身でお調べください。ショッキングな写真や記録がウィキペディア先生でも大量に出てきます。 また、「虜囚の~」戦陣訓の中のほんの一文でして、本来は戦場で兵士が狼藉を働くことのないように戒めるための条文を書き連ねたものです。 これに関してはわかりやすい現代語訳を載せていらっしゃるサイト様がありましたので、参考. 太平洋戦争開始時の首相、そしてA級戦犯の代表格ということで有名な東條英機ですが、彼の評価については現代において色々あって分かれており、あくまで私感で述べると昭和の時代までは時局もあったのか否定的な評価が支配的でしたが近年は逆評価のような肯定的な評価のされ方が増えて. 『東條英機 「独裁者」を演じた男 (文春新書)』(一ノ瀬俊也) のみんなのレビュー・感想ページです(11レビュー)。作品紹介・あらすじ:敗戦の責任を一身に背負わされた東條英機。しかし、その実像は、意外に知られていない。日本の航空事情を知り尽くし、メディアを使った国民動員を実践し. 著者 岩井 秀一郎 (著) 1944年、東條英機首相兼陸相は参謀総長に就任する。なぜ、権力集中を強行したのか、この措置を取らねばならなかったのか。近代日本の矛盾を体現した「1944年の東條英機」から. 1 day 東條 英機 評価 ago · ヒトラーと東條英機がカラテの力でガーナを侵略するカンフー映画「アフリカン・カンフー・ナチス」堂々帰還! 12月20日にオンライン上映会開催へ 言わずと知れたナチスの指導者ヒトラーと、大日本帝国内閣総理大臣の東條英機。.

満州事変と日中戦争以降、大日本帝国が国際的孤立を深める中で軍・貴族・政治家・民衆からそれぞれ人気があり、事態解決へ向けた最後の切り札と見なされていた近衛文麿元首相による第二次・第三次近衛内閣が成立する。東条は 板垣に代わる形で陸軍大臣として入閣し、 大陸情勢の責任者である陸軍の政治的意見を代表する立場となった。 東条は陸軍の権威にも関わる中国大陸からの全面撤兵は認められないとする意見を述べた(無論、東条個人の意見という訳ではない)。これ以外にも軍内の強硬意見に押された近衛は「ならば自分でおやりになれば良い」と半ば周囲に丸投げする形で首相職を退き、そして周囲から新たに首相指名を受けたのが他でもない東条であった。 陸軍の政治的代表であり、また本人も強硬派である東条が穏健思想を持っていた近衛の後続に選出された理由として、東条が非常に熱心な尊皇家であった点があった。 昭和天皇は自分を中心とした親政を望む二・二六事件にむしろ激怒するなど穏健な人物であり、対米開戦にも当然ながら反対であった。批判的な人間からも「軍随一の忠臣」である事は認められていた東条ならば、自論や陸軍を抑えてでも陛下の御意志に従うはずという考えがあったのである。そして軍の指導者であればこそ、軍を唯一抑えられる立場でもあった。 この東条の忠臣さを評価した抜擢はある程度は正鵠を射ていた。実際、東条は持論を曲げてでも「陛下の意向」に従う事に奔走し、陸軍を説得して対米交渉を再開させる行動に出ている。そして「軍の権威に関わる」と考えていた中国大陸からの撤兵すら「日中戦争で占領した地域に関しては段階的であれば認める」とまで譲歩し、遂には枢軸同盟からの離脱すら可能性に挙げている。 しかし連合国側からすれば、石原莞爾と板垣征四郎が引き起こした満州事変の時点で既に認められない訳であり、それらの譲歩では不十分である(満州からも撤兵する必要がある)と返答した。流石に東条もこれ以上の妥協を軍に認めさせる事は出来ず、対米開戦に舵を切る事になった。 東条本人の持論は元から開戦派であったとはいえ、対米開戦決定時には陛下への申し訳の無さから号泣したと伝えられている。彼の忠臣振りと、それを強硬派の尻拭いに利用された悲惨さを物語っている。. 陸大教官を務めた東条英教中将の嫡男として東京に生まれる。本人は東京育ちだが、東條家は盛岡藩士の家系として佐幕派に属した一族であり、 父の英教も秀才との評判ながら陸軍大将になれなかったという。一方、日露戦争で消極策を用いた為とも、そもそも大将職は例えエリートでも殆どが獲得できない地位だったとする意見もある。 真相はともかく、こうした背景が東条の権力志向や徹底した尊皇思想へと繋がったとみる向きもある。. 東條 英機 評価 一九四四年の東條英機 (祥伝社新書) 新刊. 東京裁判の判事の一人でオランダのベルト・レーリンクは著書『Tokyo Trial and Beyond』の中で東條について「私が会った日本人被告は皆立派な人格者ばかりであった。特に東條氏の証言は冷静沈着・頭脳明晰な氏らしく見事なものであった」と述懐し、また「被告らの有罪判決は正確な証言を元に国際法に照らして導き出されたものでは決してなかった」「多数派の判事の判決の要旨を見るにつけ、私はそこに自分の名を連ねることに嫌悪の念を抱くようになった。これは極秘の話ですが、この判決はどんな人にも想像できないくらい酷い内容です」と東京裁判の有様を批判している。. なったのだ、この後、評価を高めた東條英機は板垣征四郎の後任として関 東軍参謀長に就任した 就任間もなくシナ事変が勃発、関東軍は参謀長東條を指揮官として北支へ 特設兵団を派遣、これこそが「東條兵団」である <東條兵団>. 遂に開戦に至り、開戦前の戦争計画に従って日中戦争の継続と真珠湾攻撃・南方作戦など対米作戦を同時に行う二正面作戦が展開される。しかし東条は緒戦の圧勝に諸将共々喜びつつも、戦争の結末にはやや悲観的な向きも見られたという。 実際、戦争中盤から徐々に太平洋戦線から戦争は行き詰まりを見せるのだが、東条は難局の打開には軍指揮権の一本化など一層の国家団結が必要との考えを持つ様になる。結果、それまで陸相職を除いて首相職という政治的任務に専念していたのを改め、徐々に戦争指導全体に介入する様になる。 具体的には軍需大臣を新設して首相職と兼務する、陸軍の政治的代表である陸相に加えて実務の責任者である陸軍参謀総長職の兼務、及び海軍に対しても海軍大臣と軍令部総長の兼任を求めるなどの路線を進め、国家指導の集権化を進めていった。これには東条を支持していた者たちからも「東条幕府」と揶揄される程の実権を東条政権に集中させる事になった。 因みに丸投げ後は隠棲していた近衛は反東条派に「せっかく東条が憎まれ者になってるんだから、このまま全ての責任を押し付ければいい」と述べている。お前.

東条英機は無能説と有能説評価が別れますが実態は? 東條有能説?そんなものがあるのですか?(笑)指導者はその権限、責任をいかに有効に使って国益、国民の安寧に貢献したかで評価されます。事務能力など二の次、三の次です。東條は政治家としては勿論、軍人としても無能でした. しかし、プライベートでは良いところもたくさんありました。特に家族や戦死した部下に対しては、手紙や和歌などから細やかな心遣いが伺えます。 そんな話を一つ紹介しておきましょう。 東條は結婚して数年目の若かりし頃、ドイツへ留学していたことがありました。 奥さんは遠い異国での生活を心配して、東條に「寝る前に十回念仏を唱えてくださいね。仏様がご加護してくださるように」という手紙を出しています。これに対し、東條は「毎晩二十回ずつ唱えているから、心配するな」と返事を書いているのです。 好意的過ぎる見方かもしれませんが、おそらくただ乱雑に倍にしたのではなく、奥さんの心遣いに対する礼としてそう書いたのでしょう。普段は奥さんのことを「貴様」と呼んでいたような人だったのですが、そんな人が遠く離れてから気配りを見せる手紙を書いたというのは、いかにも泣かせる話じゃありませんか。 その相手である東條夫人の勝子さんは、戦後「夫の忠義が世間にわかるのは、100年後だろう」と、息子一家宛に書いたことがあります。 万人が納得する評価というのはなかなか難しいですけれども、せめて「100%悪人だったわけではない」ということだけでも、もっと知られていいのではないかと思う人の一人です。 最近は少しずつ東條の評価を見直す声も出てきましたので、100年経つ前にまた変わるかもしれませんね。 長月 七紀・記 【参考】 『祖父東條英機「一切語るなかれ」 (文春文庫)』(→amazon link) 『素顔のリーダー―ナポレオンから東条英機まで (文春文庫)』(→amazon link) 東條英機/wikipedia 東條英機自殺未遂事件/wikipedia 戦陣訓/wikipedia. 東條英機 「独裁者」を演じた男 著一ノ瀬俊也. たとえば「東條英機暗殺計画」は「評価」とは言えない上に出典がありません。 「評価」であれば、たとえば以下のようにポイントを絞って精選し、誰からの評価であるか明確にしたほうがいいと思います。. 東条英機が絞首刑に処された理由!海外評価が変わりつつある? 東条英機が東京裁判で絞首刑に処された罪状とは? 東条英機は、太平洋戦争開戦時に第40代内閣総理大臣を務めていた政治家です。. 昨今「東條英機がゴミ箱を漁って庶民が贅沢品を買ってないか調査していた」という主張が一部で散見されるようになっておりますが、私はこの主張に反対する立場から今後の為にこの場に関連資料をまとめておきたいと思います。まず、「東條はゴミ箱を漁って(視察して)いたか」という. 愚かな民はイソジンに飢えてます 東條 英機 評価 さん; 年12月15日 16時15分; 閲覧数 22; 役立ち度 0; 総合評価.

東條英機『アメリカと戦争して勝てるか予測して』エリート達『おかのした』「分析ほぼ合ってるやんけ」「よろしい、ならば戦争だ(白目)」 by 電脳デカダンス · 公開 年6月8日 · 更新済み 年6月9日. 『昭和天皇独白録』には、下記のように東條を評価する言が多くみられる。 原剛と秦郁彦は、昭和天皇が東條を評価・信頼した理由を下記のように分析している。 日米開戦日の明け方、開戦回避を熱望していた昭和天皇の期待に応えることができず、懺悔の念に耐えかねて、首相官邸において皇居の方角に向かって号泣した逸話は有名である。これは近衛内閣の陸相時の開戦派的姿勢と矛盾しているようにみえるが、東條本人は、陸軍の論理よりも天皇の直接意思を絶対優先する忠心の持ち主であり、首相就任時に天皇から戦争回避の意思を直接告げられたことで東條自身が天皇の意思を最優先することを決心、昭和天皇も東條のこの性格をよく知っていたということである。首相に就任する際、あまりの重責に顔面蒼白になったという話もある。『昭和天皇独白録』で語られている通り、昭和天皇から信任が非常に厚かった臣下であり、失脚後、昭和天皇からそれまで前例のない感謝の言葉(勅語)を贈られたことからもそれが窺える。 昭和天皇は、東條首相在任時の行動について評価できる点として、首相就任後に、自分の意志を汲んで、戦争回避に全力を尽くしたこと、ドーリットル空襲の際、乗組員の米兵を捕虜にした時に、軍律裁判よる全員の処刑を主張する参謀本部に反対したこと(昭和天皇独白録「十七年四月米飛行士を処罰した時も、彼の意見で裁判に附する事にしたので、全部死刑にすると云ふのを、東條が反対して一番責任のある三人を銃殺にし、他は勅許により無罪にした。之が彼が参謀本部と妥協した結果であって、実際は、あの飛行機から射撃した場処には、高角砲か高射機関銃があったらしいから、三人の者も責任がなかったものと思ふ」)、サイパン島陥落の際に民間人を玉砕させることに極力反対した点などをあげている。 『昭和天皇独白録』には、昭和前期の多くの政治家・軍人に対し、昭和天皇の厳しい評価が記されているが(たとえば石原莞爾、広田弘毅、松岡洋右、平沼騏一郎、宇垣一成などは昭和天皇に厳しく批判されている)その中で東條への繰り返しの高い評価は異例なものであり、いかに東條が昭和天皇個人からの信頼を強く受けていたかが分かる。. com で、東條英機 「独裁者」を演じた男 (文春新書) の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。. 東條英機にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。 その他 昭和天皇 17歳年下 その他 杉原千畝 「日本のシンドラー」とよばれる外交官。. 一ノ瀬 俊也『東條英機 「独裁者」を演じた男 (Kindle)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約19件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 大戦末期、絶対国防圏も崩壊する情勢に降伏もやむなしとする和平派が倒閣運動を本格化させる。東条は一部実権を手放す事で和解を図ろうとしたが、これが仇となって新たに入閣した岸信介による退陣要求へと繋がってしまう。それでも関東軍以来、共に歩んできた憲兵隊は東条内閣支持で抵抗し、東条にクーデターすら進言したという。 しかし謁見した昭和天皇から暗に退陣を促された事を受け、東条本人は首相辞任を受けいれた。首相辞任後は実質的に隠棲状態に入った。戦争指導の失敗を責任として背負わされた事もあり、和平派が主流の重臣団内では冷淡に扱われたという。 唯一、他でもない昭和天皇のみが忠臣である東条に極めて同情的であった。 退陣後の首相に対して異例とも言える勅語で労いの言葉をかけている。また人物評についても開戦の要因を作った石原莞爾らへの叱責を述べつつ、東条に対しては「民に東条の心が伝わらなかった」とまで擁護している.

徳富蘇峰の評 -日露戦争指導層との対比-. 戦局が困難を極める1944年(昭和19年)には、複数の東條英機暗殺が計画された。 高松宮と細川護貞によって計画された暗殺計画 9月には陸軍の津野田知重少佐と柔道家の牛島辰熊が東條首相暗殺陰謀容疑で東京憲兵隊に逮捕された。. 話が逸れました。 つまり、東條は「戦陣訓は政府が出したものなんだから、俺もその通りにすべきだ」という、芯をきちんと持った人だったということです。これは自殺が失敗した後にも言っています。 当然のようにダブルスタンダードを振りかざす昨今の政治家や上司に比べれば、この点だけでも評価に値するでしょう。 そしてそれを実行に移すまでに時間があったのは、この日にやってきたアメリカ軍が約束を違えたたからです。 当時、アメリカ軍と日本政府の間では「日本政府・日本軍の者を逮捕するときには、日本の法律にのっとった逮捕状がなければならない」ということで合意がなされていました。しかし、東條宅にやってきたアメリカ軍は、アメリカの書類しか持っておらず、窓際で話したときにそれを知ったため、東條は自決を選んだのです。 予め医師に心臓の位置を尋ね、印をつけておいたので、そこに向かってピストルを撃つという方法でした。 「頭を撃ち抜かなかったから死ねなかった」→「最初から狂言だった」という説もあります。 これは東條が「敵に恥を晒すまい」と考えていたからとも考えられます。 ちょっとグロテスクな話になりますが、頭を打ち抜けば顔が悲惨なことになるのは当然ですよね。その無様な姿を、アメリカ軍に晒したくなかったのではないでしょう。切腹しなかったのも同様の理由と考えれば、理解できる気がします。 心臓にきちんと狙いを定めて撃てば、可能な限り恥を晒さない姿で死ねると思ったとしても不自然ではありません。 また、自決失敗後に本人が「私が東條だと識別されるようにああした」と言っています。顔がわからない状態になってしまっては、親戚や無関係の人で顔が似ている人に累が及ぶとも考えたのでしょう。 これ以前に、東條は妻に対して「きちんと法律が守られるのであれば、軍事裁判に出頭しよう」と言っていたこともあったそうなので、おそらくはこの辺が理由かと思われます。 しかし、戦争の首謀者として東條を必ず裁判にかけ、処刑することに決めていたGHQは、東條を延命させました。アメリカ軍の中にも、そのために輸血に協力した人がいます。 東條の自決失敗に対する世論は非常に厳しいものでしたが、既にアメリカ軍が外にいる=すぐに救命措置ができてしまったことが大きな原因と言っても過言ではないでしょう。 東條も、まさか自ら死を選んだ敵国の人間の命を助けるだなんて. 東條英機は、終戦後の東京裁判でa級戦犯となり、昭和23年(&39;48年)12月に処刑されますが、カツ夫人は昭和57年(&39;82年)まで生きました。 戦後の. まずは、当時の世情からお話していきましょう。 東條 英機 評価 敗戦が決まり、降伏文書への調印も成された後の日本では、それまでの高官たちへの風当たりが極端に強くなっていました。 それは高官たち本人だけでなく家族へも同じで、東條の孫に至っては「この子のお祖父さんは大悪人です」と教師に言われて、クラス中からいじめられたことまであったとか。 東條の孫は当時十代前半から年齢一ケタの子供だったというのに、教師までよってたかっていじめるのでは話にもなりません。 この辺のことについては、降伏文書に署名した外務大臣・重光葵(まもる)も嘆いています。 そんな中で、東條は自らの失策などについて猛省していました。 元々昭和天皇からも格別に信頼されるほど、生真面目な面の強かった人です。まして、悪名高い「戦陣訓」に「生きて虜囚の辱めを受けず」と書かれているものですから、これにのっとった行動を取らねばと思っていたことは想像に難くありません。 実は、戦陣訓を作ったのは東條ではないのですけどね. >東條 英機(とうじょう ひでき、1884年(明治17年)7月30日(戸籍上は12月30日) - 1948年(昭和23年)12月23日)、日本の陸軍軍人、政治家。 階級位階勲等功級は陸軍大将従二位勲一等功二級。.

See full list on bushoojapan. 東条英機は太平洋戦争時の総理大臣でした。また当時の陸軍参謀長でもあったため、開戦の責任を負いA級戦犯として絞首刑となった人物です。しかし彼を擁護する意見もあり、評価は定まっていません。この記事では、東条の生涯を紹介しつつ、名言、逸話、そして戦争の真実について知る. 東條英機 安倍は帰って来るなよ.

1930年代以降、航空戦と総力戦を重視した東條英機。「冷酷無比な独裁者」「天皇を守った忠臣」など、さまざまな評価がある生涯を「総力戦指導者」として再検証。イデオロギーを排. 敗戦後、一度は自殺を試みるものの法廷での裁きを望んでいた連合軍の治療で一命を取り留めてしまう。 以降は東京裁判の法廷において検事側を相手に積極的に弁論を戦わせ、日本が戦争へと突入した過程に対する検事側の告発に抗弁した。宣誓供述において東條は日本の戦争そのものは自衛戦であって当時の国際法に違背しないことを主張したが、敗戦に至ったことへの責任は自分にあることを認めている。 今の日本は東條を死刑台に送った人たちが歴史の基本的なとこを書いたので、その評価が安定しないのは仕方がない面もある。.

東條 英機 評価

email: [email protected] - phone:(160) 756-4634 x 8696

韓国 語 日常 会話 単語 -

-> 自分 を 育てる
-> おおきく なる っ ていう こと は

東條 英機 評価 -


Sitemap 2

100m 9 秒 台 -